ALTS DESIGN OFFICE

快適であること エコであること デザインすること

近頃、パッシブデザインと言う言葉をよく聞きます。

アクティブデザインと言う言葉もあります。

アクティブとパッシブは対義語の関係です。

.

アクティブデザインとは、

冷暖房機器など機械設備を組み合わせて利用することで、快適な室内環境を確保する設計手法のことです。

.

パッシブデザインとは、

自然を有効に活用し、コントロールすることで、エコを目指す設計手法のことです。

例えば、日本の伝統的な木造家屋の深い庇は、夏の日差しを遮り、冬の日差しは取り入れて室内を暖める様にできています。

屋外に簾(すだれ)や葦簀(よしず)をかけるのは、屋内に入り込む熱を大幅に減らしているのです。

日本人は昔から、自然を活用し、快適な暮らしを追求してきたんですね。

そして、それらの工夫は、美しいフォルムで、伝統的なデザインを生み出しています。

街並み

もちろん、今の住宅にも応用されています。

パッシブハウス

様々な工夫を形にすることによって、エコで快適な空間をデザインすることができます。

土井

出典:京都フリー写真素材