滋賀でリノベーションデザインを手掛ける工務店|ALTS DESIGN OFFICE

絵本に出てくる住宅2

こんにちは。

土井です。

寒くなりましたね。

.

アルツまでの通勤途中、信楽を通るのですが、実は信楽は滋賀県でも最低気温を記録する地域です。

昨日は、予報ですが、0度となっていました。

ここ水口はそこまで下がりませんが、寒い季節になりました。

.

もう年末、クリスマスソングの流れる季節ですね。

今日は、クリスマスの絵本を紹介したいと思います。

.

『 おおきいツリー ちいさいツリー 』

大日本図書

アメリカの作家さんの作品です。

images

「もうすぐクリスマス。ウィロビーさんのおやしきにとどけられたのは、みたこともないようなおおきなツリーでした…」

.

上記の通り、ウィロビーさんが住んでいるのは、住宅というよりお屋敷です。

玄関に、ギリシアの神殿にあるような柱がある、大きなお屋敷です。

そんな大きなお屋敷でも、ツリーが大きすぎて、てっぺんを切ってしまします。

その切りとられた部分は、召使いがもらって家に飾りますが、召使いの家には大きくて、またてっぺんを切ってしまいます。

そうやってツリーは、少しずつ小さくなりながら、くまの家族の家や、ねずみの家族の家にもらわれて、みんなが喜ぶ。

と言う、クリスマスにちょっと嬉しくなるお話です。

木のうろを活用した住宅がでてきたり、薪ストーブなどの家具もかわいらしく描かれています。

.

クリスマスのこの季節、よかったら手に取ってみて下さい。